読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの日々を楽しもう

わたかぜの忘備録。映画、アニメ、小説などの感想をメインに

映画

映画「メメント」 感想 記憶の不確かさ

クリストファー・ノーラン監督による映画。同監督のインセプションがとても面白かったので見てみたという流れです。インセプションの方は誰にでもオススメしやすいSF映画でしたが、今作は全く逆のタイプでした。 この映画のポイントは時系列。冒頭のシーンか…

映画「グラン・トリノ」 感想 人生の終わらせ方

wwws.warnerbros.co.jp 2008年に公開。クリント・イーストウッド監督の名作。主人公もイーストウッド自身が演じています。 とにかくウォルトがかっこよかった!評判が良かっただけに期待外れに終わると嫌だなあと思っていたのですが、十分良かったです。長い…

映画「永い言い訳」感想 人生とは他者である

永い言い訳を見てきました。 西川監督の作品は初めて見ましたが面白かったです。 海町diaryの是枝監督のお弟子さんだと知ってあの作風に納得。 あらすじ(公式HP) 津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなっ…

映画「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」

1981年のニューヨークが舞台の映画。当時のアメリカは不況の真っ只中で、NYはとても治安が悪かったそうです。原題の"A Most Violent Year"もそれを表してますね。地下鉄の落書きとかの町の描写で荒れっぷりがわかります。 公式サイト 1981年、NY。犯罪と暴力…

映画 「スポットライト 世紀のスクープ」 感想 カトリック教会の隠された真実

カトリック教会の神父の子供たちへの性的虐待の事件を報じた新聞記者たちの話。 新聞記者が事件の当事者たちを訪ねインタビューをする、ひたすらその繰り返しです。事件の全貌を明らかにする過程を地味ですが丁寧に描いていました。 "神父の全体のうち6%が性…